ギュスターブ・カイユボットというフランス人をご存知でしょうか?
私は知らなかったのですが、いつも見ている山田五郎さんのYoutubeによると「フランス絵画の印象派を支えた人物」らしく、彼がいなかったら印象派はここまで発展しなかったのだそうです。


そんなカイユボットの別荘は現在、一般公開されています。
IMG_8444

豪邸。
IMG_8446

公園といった方がいいような広すぎる庭と、
IMG_8445



カイユボットの生涯や、邸宅のあるイエールの歴史などが展示されていますが、
IMG_8460

残念ながら本物の絵はありませんでした。

コピーならいくつか。
IMG_8466

IMG_8465

オルセー美術館などに展示されていてここに来る前に有名なものは見れたのでいいのですが、ちょっとさみしかったです。

メインは当時の暮らしぶりなので、豪邸の各部屋からは裕福な家庭に生まれたカイユボットのブルジョワな生活が想像できます。

IMG_8448

IMG_8449

IMG_8450

IMG_8451

IMG_8464

IMG_8455

すごい豪華...!
イエール在住である証明があると、入場料8ユーロのところ3ユーロでいいそうです。
参考までに。

肖像画もあります。
IMG_8453
ギュスターブ・カイユボット本人


IMG_8454

IMG_8456


IMG_8457
五郎さんのYoutubeでも紹介されていた、印象派っぽくないパリの橋の絵です。

モネとの手紙の交流も残ってます。読めないけど。
IMG_8468
IMG_8469

お土産やさんはこんな感じ

IMG_8470

IMG_8471

IMG_8472


かわいいマグカップを買いました。カイユボットの絵ではないけど好き。

IMG_8481



私の大好きなルノワールの印象派を財力で支えてくれたカイユボットの豪邸を見ることができ、当時の暮らしも知ることができ、有意義な時間でした。


もっとあったかくなってから来たら広い庭でピクニックしながらさらに楽しめたかなぁと思います。
庭は無料で入れるので、ピクニックだけでも楽しそう。

ちなみに、カイユボットがカヌーを漕いだイエールの川は現在こんな感じです。
IMG_8515

川沿いにハイキングコースになってるのでお散歩にちょうどいい。
IMG_8511

展示物だけでなく、周りの環境も楽しめるのもいいですね。
カイユボットのように夏くらいに避暑地としてまた来たいです。






読者登録する

Kindleまとめ本(0円)




単行本発売中!
うちのガイックさん
ヒロコ
ブティック社
2021-07-09