レンヌでの家族旅行が終わり、そのままブルターニュの端っこにある義実家宅へいきます。
パリからは3時間かかるところ、今年は途中レンヌで泊まったので義実家までは1時間半だけ電車にのっていればいいので楽です。

去年はべべダモ泣いて大変だったけど救世主が現れました。


今年は終始ご機嫌で、最後には寝てしまったのでとても簡単に移動できました。

2週間の滞在中は海で遊んだり、庭で遊んだり、べべダモの6ヶ月違いのいとこと再会したりともりだくさん。

去年の初対面もかわいかったけど今年の再会も可愛かった...


今年は義家族に日本食を食べさせてあげようと思い、材料をたんまり買い込んでいきました。
しかし、箸が家にないことを知らず、フォークでそうめんを食べることに。。
おいしかったからいいけど。フランスの田舎の一般家庭には箸がないことを初めて知りました。



カレーライスはとても喜んでくれた!カレーは正義。

ブルターニュは夏でも晴れる日があまりないのですが、天気が悪くても教会とかに連れってくれました。
IMG_0122

家の隣で行われてた蚤の市。
IMG_0134

IMG_0135

IMG_0136

IMG_0137

ブルターニュっぽいものが欲しくて悩むけど「やっぱりいっか」ってよくなる。
IMG_0138

このお盆可愛くて木がしっかりしてていいなと思ったけど、「やっぱいっか」ってなる
IMG_0139

IMG_0141

IMG_0142

大きめのマグが欲しくて左から二番目のやつを買いました。「やっぱいっか」ってならなくてよかった。
IMG_0143

動画ではこんな感じ。田舎の広大な土地の広さを生かした、結構大きな蚤の市でした。



「牡蠣が食べたい」という私のリクエストで箱で牡蠣を食べるところに来ました。
おいしい白ワインと一緒に食べると最高....!
来年はポン酢持っていこう。
IMG_0179



暑すぎない毎日は快適で過ごしやすかったのですが、wifiがないのが唯一残念だった。。
電波も悪いので強制的にデジタルデトックスの日々でしたが、そのぶんゆっくりとした時間を過ごせました。

ブルターニュの話はvoicyで詳しく話してるので、よかったら聞いてみてください。



パリ郊外の自宅に帰ってきてからは、猛暑に苦しんでます。。。
ブルターニュ戻りたい。。。。



読者登録する

Kindleまとめ本(0円)




単行本発売中!



うちのガイックさん
ヒロコ
ブティック社
2021-07-09