一時帰国中さとえみさんと4月までの毎週水曜日、日本時間22時から放送している「しばひろとさとえみのマンガにできない話」。
1週間にあったことをあーでもないこーでもないとお話しする放送です。
マンガに描くと炎上する、描くのめんどくさい、描くほどでもない話=マンガにできない話をしていきます。


今週のマンガにできない話は「言い訳、コメント返し、ご飯、味噌汁の作り方、平安顔の豆知識、光る君へのキャスト、美の基準、絵描きとしての生活の話」です。

 
先週に引き続き、今週も忘れそうになってましたがさとえみさんにLINEしてもらいなんとか放送できました!
が、途中で手元が狂い終了してしまったため、二個に分けての放送になります。

水曜日はガイックと二人でたまに外食します。
この日はイタリアン。ガイックは「おいしいけどパリでもっと美味しいも食べれる」と言ってましたが、近場で値段も良心的なのでご近所のレストランとしてはいいところでした。
ペンネ・アラビアータと
IMG_2673

ピザを食べました。
IMG_2674

ティラミスはとても美味しかった!
IMG_2675



今週の話のメインは、平安時代から現代にかけての我々の美の基準について。

実はこの話題になる前に、ガイックと「日本人が美しいと思う顔、フランス人が美しいと思う顔」について話したことがあります。

日本人は傾向として顔が小さく、白く、目が大きく、鼻が高い西洋系の顔を美しいと思うと思いますが、フランス人はどうなのか。
なぜガイックは顔が大きく、色が黒く、目が小さく、鼻が低い私の顔が好きなのか疑問だという話をさとえみさんにしました。

「人の顔が一番面白い」と思って似顔絵師になり、人の顔について学び、考察しているさとえみさんならではの見解が面白かったので、ぜひ聞いてみてください。

前回の放送はこちら


読者登録する

過去作無料一気読み!
ガイックと暮らすフランスの1ページ

    ヒロコ
    Kindle本
    全6冊






単行本発売中!
うちのガイックさん
ヒロコ
ブティック社
2021-07-09





ガイックとのフランス暮らし
ヒロコ
KADOKAWA
2023-06-12