ガイックとのフランス暮らし

フランス人ガイックと日本人ヒロコによるほのぼの日常マンガ。 フランスから日々の出来事を日記代わりに綴ります。

カテゴリ: フランス獣

2週間ほど前から窓を開けたところにある小さなガーデニングプラントに鳩が来てました。「最近よく来るねー」なんて言ってたら大きく育ったゼラニウムの根元に巣を作り始めたので、二人で暖かく見守ってました。メスが巣の上にいてオスが巣の材料を持ってくる仲良しのふたり。 ... 続きを読む

そう、ガイックは花でなく人間です。暖かくなって窓を開けていると虫が入ってくる季節になりました。ハエやクモはおとなしいので放っておきますが、蜂はうるさいしでかいし危険なのですぐに追い出します。窓をの方に誘導しようとしますがガイックに興味のある蜂だったらしく ... 続きを読む

昔の経験から、柴犬=ちょっと気をつけなければいけない犬だと思ってたんですが、フランスの柴犬たちを見ると少しイメージが変わります。なんとなく日本の柴よりフレンドリーで他の犬にも人間にも優しい犬が多い気がしますが、やはり気軽に柴に触れようとする人を見るとちょ ... 続きを読む

突然Jean-Jacques(ジャン=ジャック)と名前をつけられた鳥。川でよく見る大きなサギ(un héron)でした。家の中にいる生き物(蜘蛛のミシェル)だけでなく外の生き物まで名前をつけ出すとは...しかも微妙にジャン=ジャックっぽいのがさすがだなと思いました。 毎日12時に ... 続きを読む

ミシェルはうちに住んでいる蜘蛛の名前です。時々姿を表しますが、冬場の他の虫がいない中何を食べて生きているのか不明です。我が家には2〜3匹のミシェルがいると思われますが、そういえば最近見かける数が減ったような...ミシェルの記事 毎日12時に更新しています!読者 ... 続きを読む

胸毛トラップにひっかかっていたようです。手触りがいいだけじゃなく、ガイックの胸毛に機能的な面もあったとは!最近入ってくる蚊はこれまで生き残ってきた猛者たちなのか、大きい割にすばしっこくて捕まえるのに苦労します。これからも胸毛を活用して蚊の捕獲に役立ってほ ... 続きを読む

入ってきた虫は「出て」と言えばだいたい出てくれる聞き分けのいいやつが多いのですが、この蜂は違いました。窓に誘導してもカーテンと遊んで外に出ないし、人の顔の周りを飛んでとても迷惑なやつだったので苦戦しました。私が触れない虫はガイックが全部外に出してくれるの ... 続きを読む

最下層の我々...ミシェルはジャンプして虫を捕まえるクモだと思ってたのですが、巣を作るタイプのミシェルもいたようです。捕まえ方は何にせよ、蚊や小バエを食べてくれるならありがたい。我が家の食物連鎖の頂点に君臨するミシェルに日々感謝です。 毎日12時に更新していま ... 続きを読む

効果はなし..見せしめにされている蚊を見た他の蚊が「この家はやめとこう!」ってなればいいんですが。引き続き蚊との攻防戦は続きます。こちらの記事にいただいたみなさんの蚊対策参考にしてます!ありがとうございます。 毎日12時に更新しています!読者登録していただけ ... 続きを読む

買い物から帰ったら散歩に出かける途中のセキュリティに出くわし、いろいろ検査されました。身体チェックに持ち物チェック、まさか手紙までとは、、とても厳しいセキュリティでした。どうにか手紙だけは死守しましたが、ちょっと端っこを持ってかれてしまいました。かわいく ... 続きを読む